北アルプスへ (PART2)

先日、常念岳に登った際に愛用していたProTrekを紛失。

ProTrekとはカシオが販売している気圧やら標高、コンパスなどが付いている高性能な腕時計です。


越百山で遭難仕掛けた時も…

難しい山や沢も…

いつも身に着けていた相棒的存在。


もちろん捜索へ向かいました。


常念岳は標高差が約1600mほどの中級者向けの山。

三股登山口からだと南東稜に乗っかるまでの樹林帯が大変でその先は見晴らしも良くむしろ楽しい。

蝶ヶ岳への縦走路はガス


毎回登山靴にはスリップ防止剤を塗布しビブラムを保護、これがアルプス特有の花崗岩ともなればクライミングシューズのような無敵のグリップを発揮。※山に登る方は是非お試しください※


前常念から山頂にいたるゴーロ帯は雨とガス。


登頂(晴れていればこの先にヤリが見える)



山頂付近を捜索していたのですが、雨も風も強くなってきて見つからないままやむなく下山,,,(悲)



「まぁ、そんな落ち込むな」と雷鳥ファミリー。



今までも戸隠でコンデジ紛失(捜索にて発見)、今回は時計紛失。。

大事なものはカラビナで体にくくりつけましょう。。